忍者ブログ
アニメ屋久行宏和の日々雑文
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 う~~~ん、紅商編なまじ安産だった分あまり話が膨らまない・・・・・・。

紅商編#4
 バトルロイヤル編の二回目ですね。
紅商は他校より魔法に近い能力を使うキャラクターが多いのですが、正直その中で手品師という商売は需要があるんですかね?
 真愛の石化の魔眼もファンタジーや異能バトル物では有触れた能力ですが、リアルに生活に支障が出そうな能力です。
全体的にお約束を消化してるだけのあまり中身の無い回です。
重要なのは銭形をレフェリーにしての二度目の闘技場戦!
当然三度目があるぞ!と、言うね。

#5
 人間の中身を入れ替える、こっちもまぁ、ネタ回としては珍しくも無い設定です。
お決まりですが、そもそも悪戯以外何の使い道があるのか分からない能力です。
当然最終回でイプシロンを茶化すためだけにここで使いました。

#6
 イプシロン登場でここから少しシリアスな展開です。
緋村、染雲と蹴散らされカムイのピンチにここで初めて茜のザクセス発動です。
 力の強弱に関わらずザクセスそのものを理論的に無力化する能力。
実際本作に登場する全ザクセス能力者にとって天敵になりうる強力な能力で、だからこそ茜自身の身の安全を考えれば人前でうかつに使ってはならない力です。
 敵味方問わずその場に居る能力者全てのザクセスを封じる茜の能力は同時にカムイたちの反撃手段も奪ってしまいます。
成す総べなく茜を置き去りにして逃げるカムイ達で次回に・・・。

#7
 プリマヴェーラのヒロイン回です。
普段茜と一緒に居るとお決まりのリアクションに終始しがちでなかなか個性が発揮しきれない彼女の主役イベントですね。
ギターケースが見つけられず腐るカムイの前にそのギターケースを見つけたプリマヴェーラが戻ってきます。
 
プリマヴェーラにしてみれば茜を助ける為に不本意ながらカムイに頼らざるおえず。
最悪、カムイ相手に土下座の一つもする覚悟で来たと思うのですが、弱音を連発する駄目人間に完全にぶち切れます、「立て!このクズ!!」。
 
正直紅商編のハイライトって自分の中では間違いなくこの頭踏みつけられながらプリマヴェーラに説教されるカムイのシーンなんですけどね。
 カムイは決して悪い子ではありませんが本質的には甘えが抜けてない子です。
でも茜みたいに庇ってくれる存在だけでなく、
プリマヴェーラのような尻ひっぱたいてくれる存在がいて初めて英雄的な働きが出来る子だと思います。
 「俺はヒモにもニートにもなれないんだぁー!!」
因みに#7で伊勢海老だけ私作監入れてます。
つまらん拘りです。

#8
 ドラマ的な盛り上がりは全部#7でやってしまったので後はもう落ちを着けるだけです。
これまで散々騙されて闘技場で戦わされたカムイが今度はイプシロンを誘い込みます。
ギターケースを破壊され、絶体絶命のピンチに思い出される今は亡き父の言葉。
「勇気の炎!」
臆病でなかなか自分で一歩を踏み出せない息子の性格をお父さん良く分かってたんでしょうね。
「守銭奴を焼き滅ぼすメガトンパ~ンチ!」
守銭奴ほど大きなとばっちりを受ける技です・・・・・多分。
 真っ黒焦げの茜に大きな花束を渡しひとまずは大団円。
どうせまた明日から平常運転でどたばたするでしょうが・・・・・。

つづく

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
久行宏和
HP:
性別:
男性
職業:
アニメ屋
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]