忍者ブログ
アニメ屋久行宏和の日々雑文
[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



翠嶺編#8
翠のお葬式の話です。
「葬式が好きだね~~人間は・・・。」
人工島に入りきらない程集まった翠嶺の卒業生達にあきれる暦=ジョーカーですが、人造人間のシュバルツリッター達には人が人の死を弔う行為が理解できません。
しかし、この大勢の卒業生とそれを育ててきた歴史こそが普段目に見えない翠嶺の強さであり紅商や蒼工はおろかクロノスをも脅かす力です。
その力を引き継ぐ新しいリーダーの登場は他校からも注目を集めます。

 翠との約束を守り葬儀を取り仕切るきーろには別の思惑があります。
彼女は当時既にあまり仲良くは無かったかも知れませんが仲間だった頃の翠とラグエルを知る人間です。
早世する事が幸せだとは言いませんが、同世代の最後の一人二人と言うところまで生き続けた人達の同胞への死の痛みと言うのは独特です。
きーろは先ずラグエル自身の為に彼に弔辞を依頼します。
翠を殺した当人ですが彼にも仲間との別れを見送る機会を与えます。
 子供のいないきーろは子供や孫達の代わりにあすかとこころを並ばせます。
ラグエルを呼んだもう一つの理由があすかの為。
学園を引き継いだ彼はこのままでは翠の後継と言う立場のせいだけでラグエルと戦わなければなりません。
他の生徒が怒りの眼差しでラグエルを見つめる中、あすかは静かにラグエルの言葉に耳を傾けます。
 
 ラグエルの弔辞。
私自身が書きましたけど、基本「葬式でそれ言ったらダメだろ」のオンパレードです。
人の生き死にを感傷なしで受け止められるようになったらもう色々終わってますし、そんな人ばかりになったら私達フィクションでご飯食べてる人間は全員失業です。
 死者に向かっていいだけ悪態をついて最後に翠が人として死ねた事を認めて背を向けるラグエル、本当に面倒臭い年寄りです。

 去り際、きーろと言葉を交わすラグエルの前に現れる、赤と青の主人公。
そしてそれをネタにラグエルを煽るあすか、大人気ないラグエルもこの喧嘩を買います。
ショウとカムイは完全にとばっちりです。「最悪だな、お前!!」
 あすかの台詞に嘘はありませんが、他の強豪校を無理やり巻き込む材料が向こうから来てくれたのです。
これを利用しない訳がありません。「最悪だな、お前!!」

 アニメの筋立ては実はラグエルを倒す方向に向かっていません。
あすかの出した答えは彼の救済。
同族のインファント達は自分を除きほぼ死に絶え「神の器計画」は実質失敗と言うか手遅れです。
「まぜて欲しければ~」はもちろん1話の「喧嘩ってどうやって混ざれば」の対として用意した台詞でもあります。
命を永らえる理由の大半を失ったラグエルに「一緒に遊ぼうぜ!」と誘います。

東京中の学校を巻き込んだ「ザクセスウォーズ」と言う祭に!


つづく
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
久行宏和
HP:
性別:
男性
職業:
アニメ屋
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]