忍者ブログ
アニメ屋久行宏和の日々雑文
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒼工編#6

 カイエンvsカタナ
決着。
つまらない小ネタですけどガンマ、カタナ、ハヤブサと続く御剣示現流の技の元ネタはSUZUKIのバイクですね。

 ガイに吸収されるゴウスケ、本当に申し訳ない扱いになってしまいました。
元々はアンナを開放してくれとガイに土下座をしてガイの怒りの火に油を注ぐシーンがあったのですが、尺の都合で以下略。

 前回にも増して荒れるガイですが、本来の彼はショウの同類と言うかかなり真面目な人間です。
強力な指導者の居ない蒼工をクロノスから守るために風紀委員を強化し、自らもドクターGの改造を受け。
それでも歯が立たないラグエルに対抗するために今回の騒動を起こしています。
 無理して悪ぶってショウを苛めてきましたが、なかなか覚醒しないショウに対して溜め込んできたストレスが爆発します。

「おかしくなりそうだよ!ショォォウ!!」
 
 蒼編のシナリオつくりをする際にライターの小林氏にお願いしたのが絶対にショウとガイの会話をかみ合わせない事。
お互い自分の言い分だけをぶつけあって傷ついていくさまが、どこか滑稽で惨めに見えるようにする事。

 蒼編のラスボスであるガイは当然主人公ショウのライバルですが、同時に翠嶺編の主人公あすかのカウンターでもあります。
 喧嘩をコミュニケーションの手段として強敵との戦いを好むあすかですが、侵略者や理不尽な暴力を振るう物に立ち向かうとき仲間の力を借りる事に躊躇がありません。
 ガイは蒼工の為に働いているのは間違いないのですが、どこかでタイマンでラグエルを倒したいと言う欲が有ります。
幼稚な英雄願望です。
同時にそれはリーダーとしての器量が小さい事を意味します。

 結局、仲間を信じずすべてひとりで抱え込もうとしたガイはショウに逆転を許して倒されてしまいます。
しかし、勝利したショウ自身もカンパチ達のお節介が無ければ今頃どうなっていたかわかりません。
そしてそのリスクはまだ消えた訳ではありません。

  「お疲れのところ悪いねぇ~」

 ここからは完全に裏話です。
前もお話したとおり、このお話を作っていた時点ではザクセス全体の落ちは決まっていません。
そしてアンナを取り戻した時点で戦う理由が消失してしまうショウにまだアンナを返してやる訳にはいきません。
 また、今となってはお粗末な話ですが当時はザクセスのゲームが続く可能性も考えておかねばなりませんでした。
                    で、
クロノス以外の新しい敵の存在を匂わせるオチにしよう!

 当時、仮に「紫の学園」と呼んでましたが、クロノスと翠嶺の共倒れを狙う別の組織が自分達の思惑のにショウを利用する為にアンナを誘拐する。
その依頼を受けたのが天神と言うのがアニメの6話の設定です。

 強力な再生能力を持つショウは殺すとなると厄介な相手ですが、アンナを攫う間だけ邪魔できないようにするなら天神ならチョロイ相手です。
 挑発され飛び込んだショウはカウンターで頭を集中攻撃され失神。
過去最大の大暴走をひき起こします。
 結論から言うとこの後、蒼工のある町はほぼ壊滅します。
当然、天神はそうなる事も分かっていてショウを暴走させています。

仲直りとか出来る訳ねぇだろ!!!
 
あえて言いますけど・・・・。
誰が書いたんだろうねぇ・・・・・ゲームのシナリオ・・・・。

 ショウとの約束を守るために現れるレミとカイエン。

「男とオカマの約束だからね!」

蒼編をこの言葉で〆るのは一話を作る時から決めていました。


白女編につづく

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
久行宏和
HP:
性別:
男性
職業:
アニメ屋
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]