忍者ブログ
アニメ屋久行宏和の日々雑文
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒼工編#3
 ショウの鎧化形態が初登場する
蒼工編の3話です。
町でアンナを探すショウ。
それを遠くから見守るカイエン、心配するカンパチ。
蒼編はそもそもこの二人のお人好しの面倒見の良さがないと話が成り立ちません。
 「一緒に町を出よう」と話すレミですが、これは実際前回の暴走の事でアンナを諦めて町を出る事を真剣に悩むショウに揺さぶりをかける為。
そして、切り札としてロボットのアンナ(Di-Ann) が控えています。
少なくともここまでのレミはスパイとして有能な仕事をしていますね。
 ライガ、ルチアーノのコンビとの戦闘のさなか三度となる暴走の危機を
Di-Annに救われるショウ。
鎧化形態となりライガ達を撃退するショウの姿を見て「能力を自力で制御したのか?」とこぼすカイエンですが、当然そんな訳が無いって事で次回に続きます。

因みに3話キャラの顔が似てないのは~~、スミマセン私が作監やってるせいです。
他に5話の後半(アンナロボの解体ショーの辺りから)のレイアウト
作監と6話のOP以降の第一原画(ショウを塔からド突き落としたのは私と言う事だな)もやってます。

#4
 あっさり正体がばれる
Di-Ann。
本編最初で最後になるショウ渾身のボケもさくっとスルーして4話スタートです。
 ギャグシーンから始まってますけど本来蒼工編のターニングポイントになる回で一番丁寧に作りたかった話なのですが、作画的には一番不安定な回になってしまったのは本当に申し訳ないかぎりです(本当にね・・・・色々あったんですよ)。
 元々ショウにアンナへの未練を断ち切らせないために作られている
Di-Annの性格はアンナそのものでは有りませんが、ザクセス全体で見ても数少ない正統派のヒロインだと思います。
 と言うかですね、原作チームのシナリオでも生アンナ殆ど出てこないので、わたし人間の方のアンナの性格知らないのですよ。
チャント、ショウノ事好キダト良イデスネ~~。
因みに2本のOPで氷詰めになってないアンナは全部こいつだと思って頂いて差し使い無いです。

 最後カイエンとレミに不吉な頼み事をするショウ。
ショウが徐々に能力のコントロールに慣れてきていると周囲が勘違いするなか、実際にはアンナ(
Di-Ann)の介入以外の切っ掛けでショウは能力を制御出来ていません。
 ショウ自身もその事に気づいていて、その上でのここの台詞になっています。

つづく
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
久行宏和
HP:
性別:
男性
職業:
アニメ屋
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]