忍者ブログ
アニメ屋久行宏和の日々雑文
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえず翠嶺編は終わりです。
配信は最後になりましたが、翠嶺編の#1~~8までを作りきってから紅商編~蒼工編とシナリオ作りをしておりました。
ただ、当初から翠嶺#8が配信順では最後になるかな、と言う話は出ておりました。
 アニメのシナリオ打ち開始当初。
まだ全体の構成を話し合っているときに「最終回を葬式の話にする」と言った直後の他のスタッフの「こいつ何言ってんだ?」と言う顔を今でも良く覚えております。

#7#8の一寸分かりにくいポイントをいくつか~~

#7
尺の都合でシーンが前後してますが、カレンの腕が暴走してあすかを襲うシーン。
彼女の義手にはクロノス時代に既に細工が施されていていつでもラグエルの転送ゲートとして使えるように改造されていたと言う設定です。
紅商編#8のイプシロンも同様で、彼が所属するイレイザーはクロノスそのものではありませんが義体製造時に装置が取り付けられていてイプシロン本人はそれを知りません。
 で、良く見てもらうと分かると思うのです#7~8はカレンの右腕がありません。
龍乃介に切り落とされて#8時点ではヘンリーによるスペアの完成待ちです。

#8
会場で警備する響に対してモニタールームで待機する龍乃介ですが、勿論真っ先にラグエルに斬りかかりそうなので、あすかの判断で現場から外されています。
「くそが!!」

 翠嶺学園に現れるカムイとショウですがショウは白女編の流れをうけて。
カムイは染雲等により半ば無理やり様子を見に行かされてる感じです。
あすかとショウですが、まぁ合わないだろうなと言うかショウがあすかを嫌いそうだなと・・・。
あすかの方は面白がって弄り倒しそうですが、とりあえずすんなり仲良くはならないだろうなと思いああ言う描き方になっています。

では次から紅商編です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
久行宏和
HP:
性別:
男性
職業:
アニメ屋
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]